看護師や獣医師などの医療に携わる職業の求人がある

看護婦ではなく看護師

パソコン

一昔前までは看護師のことを看護婦と呼ぶのが主流でした。それには理由があり、看護の仕事をしているのが主に女性であったことがあげられます。しかし、最近では看護の現場で活躍する男性も増えているため、看護師と呼ばれるようになったのです。

もっと見る

夜勤手当がつく

ユニフォーム

職業柄、看護師は夜勤をしなければならないので、医療現場での求人を探すのであれば夜勤手当がどれくらいつくのか確認しておきましょう。また、夜勤手当の他にもどんな手当があるのか確認しておくと安心です。

もっと見る

今看護師が求められている

看護師

今後も高齢化がすすんでいくと考えられているので、医療現場で働く看護師のニーズが高まっている。現代ではまだ看護師不足が懸念されている地域が増えてきていることもあり、これから看護師の待遇が良くなると予想される。

もっと見る

職場選びのポイント

婦人

看護師の年収について

看護師でよい年収を望むのなら、求人の段階でよく調べて選択するようにしてください。看護師の求人は非常に多く、売り手市場であり、平均的な年収は470万円程度と言われています。これは、勤続年数や残業時間、夜勤の有無によっても変わってくるので、一概には言えないのですが、週一回位程度の夜勤で、勤続年数が10年近くなる人の年収と考えてよいと思います。看護師としてより良い年収を得るには、いくつかのポイントが有ります。まず、大切なのは求人の時点で将来性の高い職場を選ぶということです。特に働く地域は重要で、当然ながら、都市部などの人口密度が高い地域のほうが有利といえます。しかし、地方などに住んでいる方はそのような選択肢を選ぶことは難しいと思うので、待遇が良い保健室看護師などの普通の看護師とは違う職場を選ぶという方法もあります。

休日のことも大切です

看護師の年収のことについて説明しましたが、いくら年収が良くても休む暇がないほど忙しい職場では意味がありません。看護師の平均的な休日は年間125日前後になっていて、これは年末年始とお盆休みなどの日数も含めた数です。看護師の仕事は勤務形態も不規則で、休みも一般的な会社員のように土日が休日に決まっているということもありません。このようなイメージにより、看護師の休日は少ないと思っている方も多いのですが、実際には一般的な会社員とそれほど違いがありません。しかし、働く職場の人員事情によっては、休日が大幅に少ないこともあるので、これから看護師として就職しようと考えているのなら、求人情報や面接のときに休みについて確認を取ることを忘れないで下さい。看護師の求人の他にも、獣医師の求人もあります。同じ医療でも獣医師は動物を専門的に扱う医師ですので、転職を考えているのであれば資格を持っていることが前提になります。